上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖閣諸島03
尖閣諸島02

2年前の9月7日。
領海侵犯した中国漁船が我が海上保安庁の船に体当たりをした事件は記憶に新しいと思います。

その映像がyoutubeにアップされたこともあり、
中国や民主党の船長釈放に抗議する、いわゆる「尖閣デモ」が全国で起こりましたが、
日本のメディアは、そのほとんどを黙殺しました。

現在、東京都の購入計画でふたたび注目されている尖閣諸島ですが、
この海域に眠っている海底資源が判明するまで、中国は尖閣の領有権を主張していなかったのです。

尖閣諸島の領土問題 要点】
●そもそも領土問題など存在しない。中国の言いがかりである。

●明治時代に、10年かけて無主無人の島であることを確認している。1895年、正式に日本領となる。

●1919年、尖閣に漂着した中国人を島民が助けたことで、中華民国から感謝状が送られている。
 感謝状は石垣市役所に保管されていた。中国が尖閣を日本領と認識していた証拠。

●沖縄返還と同時に、アメリカから日本に返還されている

●海底資源の可能性が指摘されるまで、中国も台湾も領有権を主張していなかった


以上のように、尖閣諸島は日本以外に主権が移ったことは1度もありません。
日本政府は尖閣への上陸を禁止していますが、立派な石垣市の行政区域です。

海底資源を狙うと同時に、太平洋方面に進出したい中国が一方的に領有を主張しているに過ぎません。
尖閣の防衛は沖縄の防衛、沖縄の防衛は本土の防衛です。
尖閣諸島を守りぬきましょう!
2012.08.09 竹島の歴史
竹島01
竹島03

竹島とは、どこにあるのか?

その場所からして知らないという方もいらっしゃることと思います。
竹島は、島根県隠岐郡に属しており、「西島」「東島」などから成る島の総称です。
江戸時代には、「松島」と呼ばれており、現在の欝陵島が「竹島」という名称でした。

現在、韓国により不法占拠されており、海洋警備隊40名ほどが常駐しています。

竹島の領土問題 要点】
●江戸時代に、欝陵島を朝鮮・竹島を日本と制定している

●正式に日本領に組み込まれたのは1905年である

●戦後、サンフランシスコ平和条約調印の時点で「竹島は日本領」と確認されていた

●にもかかわらず、韓国大統領・李承晩が一方的に領海線を決め、竹島は韓国領だと宣言した(李承晩ライン)

●以後、ヘリポート等の軍事施設を立てたり、観光客を呼び込むなどして韓国による実効支配が継続中である


江戸時代の日本が朝鮮と領有権について争ったのは、現在の欝陵島のことであり、
竹島が韓国の領土であったという歴史的事実は存在しません。
戦後の日本政府は形式的な抗議のほかは、有効な対策をまったく取らないままです。
日本の大切な領土、竹島を韓国から取り戻しましょう!
皆さま、こんにちは。
9月2日の『守り継ごう!日本の領土』デモin浅草を主催させていただきます、京極六万石と申します。


現代の日本人は、普段の生活の中で、この国の領土・領海を意識することは少ないかと存じます。
戦後にいたっては、国家概念の希薄さが顕著なこともあって、領土問題に対する意識があまりにも欠落しているように思えてなりません。

しかし実際はどうでしょうか。
先人たちが心血を注いで守ってきた大切な日本の領土は、外国に脅かされているのが実情です。

竹島は韓国に不法占拠されたまま半世紀以上が過ぎました。
尖閣諸島は中国の不当な圧力に脅かされております。
北方領土はロシアに実効支配され、返還の気配すらありません。

これらはまぎれもない日本の領土であるにもかかわらず、外患を許してしまっています。
日本政府の対応に問題があったのは間違いありませんが、国民の意識の低さも要因だと思います。


領土問題の早期解決を、領土の奪還と固守をもって実現するため、
このたび、東京の浅草にてデモを開催させていただく運びとなりました。

先人から受け継いだこの国の領土を子々孫々に引き継ぐためにも、現代に生きる私たちが努力せねばなりません。
是非ご参集いただき、ともに声を上げて頂きますよう宜しくお願いいたします。



京極 拝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。