上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京極です。
昨日は『守り継ごう!日本の領土』デモin浅草にご参集くださり誠にありがとうございました。

前日から悪天が続いており、定期的に雨が降っておりましたので、当日の午前中も正直なところ不安でした。
デモ行進の時間が夕方でしたので、とおり雨に濡れる覚悟でしたが、出来すぎなほどにデモ行進のあいだだけ雨が止み晴れ間すら覗くという好天に恵まれました。

最終的な参加人数は250名ほどでした。
用意していた1000枚のチラシもすべて撒けまして、公安の方からも
「ここ最近のデモで一番通行人の反応が良かったし、拍手も多かった」
とのコメントをいただきました。

ひとえに参加者の皆さまの心意気、ボランティアの皆さまの尽力によるものだと思っております。
心から感謝申し上げます。

また、ニコニコ生放送でも合計1万人ほどの視聴者の方にご覧いただけました。
デモの目的である周知拡散に大きな力になったことと思います。


改めまして、今回のデモにご協力いただいた方々と参加者・視聴者の皆さまに御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。



京極 拝
スポンサーサイト
主催の京極です。

今日の天気は曇り~雨天の模様ですが、
予定通りデモ行進いたします

参加者の皆様には、レインコート等で雨対策をなさった上でご参集くださいますようお願いいたします。
デモの時間帯だけでも好天に恵まれれば良いですが、領土問題を訴える機会を無駄にしたくありませんので、雨を吹き飛ばす気概で頑張ります。

デモの日時、場所などの詳細をお知らせいたします。


日時:平成24年9月2日(日曜日) 
    15時00分 集合 
    15時30分~デモ出発
    浅草寺の周囲を1周して、同公園にて解散

場所:東京都 浅草 「花川戸公園」北側

大きな地図で見る

備考:日章旗持ち込み歓迎(旭日旗・Z旗はご遠慮下さい)
    プラカード持ち込み歓迎(竹島尖閣北方領土に関する
    ものでお願いします)
    沿道への威圧的・差別的な言動は謹んで下さい。
    当日は中継・撮影が入りますので、各自でご配慮下さい。




デモに関してご不明な点がございましたら
k60000goku@live.jp
までお問い合わせください。

また、ニコニコ生放送にて告知もおこなっております。
【★京極ちゃんねる★】http://com.nicovideo.jp/community/co1060287
『9.2 守り継ごう!日本の領土』デモin浅草
告知動画が完成しましたので、公開させていただきます。
[広告] VPS


動画にもありましたとおり、9月2日は大東亜戦争の降伏調印式の日でもあります。
この日をさかいに、領土問題をなにひとつ解決できない元凶である『戦後体制』が始まりました。
デモ当日は戦後体制を払拭する意味でも、堂々と日の丸を掲げて行進していただきたく存じます。

youtube版はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=zarJXr0R5Xs
北方領土05
北方領土04
北方領土とは、どこからどこまででしょう。

日本政府は
「択捉(えとろふ)島」「国後(くなしり)島」「色丹(しこたん)島」「歯舞(はぼまい)群島」
の4島の返還を求めていますが、
得撫(うるっぷ)島から占守(しゅむしゅ)島までの千島列島と、樺太の南半分も日本の領土として
主張するべきなのです。

これらの領土は、大東亜戦争の終結間際に旧ソ連軍によって侵略されました。
旧ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄しただけでなく、9月2日の降伏調印式のあとまで侵攻を続けた結果、現在まで不法占拠を続けているのです。

北方領土の変遷 要点】
●江戸幕府と帝政ロシアのあいだで、日露和心条約は結ばれ、択捉島と得撫島の間が国境に定まる

●1875年の「千島樺太交換条約」によって、両国民の雑居地域から、
 千島列島=日本領・樺太=ロシア領となる

●1905年、日露戦争の勝利により樺太の南半分が割譲される(ポーツマス条約)

●1945年、終戦間際の8月9日、日ソ中立条約を破ってソ連が侵攻開始。
 8月15日以降も侵攻を続け、南樺太と千島列島を占領した(歯舞群島は降伏調印式の翌日)

●サンフランシスコ講和条約の締結時、日本は南樺太と千島列島を放棄したが、
 北方4島については日本領であると主張。現在も日本政府は4島返還を求めている。


旧ソ連=現ロシアは、一方的な条約破棄・シベリア抑留・不法占拠という国際法違反を重ねてなお、
北方領土の実効支配を続けています。
しかし北方4島だけでなく千島列島も南樺太も、私たちの祖先が勝ち取った正当な日本の領土です。
それを不当に奪ったロシアの行為に対して、毅然とした態度で臨むべきではないでしょうか。
すべての北方領土を日本に取り戻しましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。